読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

2月2日 乙女新党4thシングル「サクラカウントダウン」発売記念予約会 at タワーレコード錦糸町店

 ついに始まりました!乙女新党4thシングル「サクラカウントダウン」の発売記念予約会!いわゆるリリースイベントですね。いやあ、ついに来ましたよ。乙女新党ですよ乙女新党。前回のお受験ロッケンロールのリリースイベントもゆるくて可愛くてなんとも言えない幸せな気分に浸りまくったわけですが、あの感動(笑)をまた味わえる日々がやってきましたよ!

 
 今回のリリースイベント、とりあえず東京近郊の分は全部行こうと考えているわけですが、問題はイベント参加のレギュレーション(笑)。前回は要所要所で握手会参加というヘタレ具合だったわけですが、今回はとりあえず握手会は基本参加したいと思ってます。ただチェキはねえ、、、。まあお財布的な問題だのそこまで踏み込んでいいのかっつう問題(バスツアーには行ったのにね)だのがあって、それでも一度くらいはやってみたいって気持ちもあって、未だに考慮中。
 
 ま、それはおいといて、今回のイベント、葵わかなは欠席の予定でしたが、急遽参加が決定。これで4人揃ってのイベント初戦!いやあよかったよかった。
 
 そしてタワーレコード錦糸町店。今回は店内のイベントスペースでの開催。場所はやや狭いですが、その分非常に見やすい!けっこう高めのステージ台があってしっかりと4人を見渡せることができました。そして1回目のイベントではかなり前の方に行けたのでしっかりと4人の表情を確認できた。いやあ可愛い可愛い(笑)。
 4人の衣装、本人達も言っていましたが、これまでのナンチャッテ制服衣装というか制服をベースとしたステージ衣装とは違い、かなり本物っぽい。ま、リボンはアイドルっぽいですが。
 
 1回目のライブは、もうそう★こうかんにっき、お受験ロッケンロール、サクラカウントダウンの3曲と合間のおしゃべり(ないと困るものは何?)に好例のミニコント。そして、例のミニコントのクオリティがひでえ(笑)。でも、これ前回も回を重ねる毎にどんどんよくなっていったので、今回もこれからよくなっていくに違いない。こういう成長をリアルタイムで観察できるのも楽しみの一つすな。
 
 いやあ、それにしても4人の表情!いいっすねえ。もうほんとに普通の女子中高生的な雰囲気なんですが意外にあれをステージ上で出せるアイドルってそんなにいない気もする。普通はもっとグダグダで変な空気になるというか(もちろん個人的観察サンプルが少ないせいでしょうが)。
 
 そしてバスツアーに行ったせいかステージが近いせいか、4人全員が可愛く思える、というかきちんと4人をとらえることができるようになった気がする。これまではステージ上のアイドルを直視?することへの抵抗つうか衒いがあって、「アイドルじゃなくて音楽が好きなんだ」的な言い訳を常に用意していたわけですが、それがなくなった感じ。
 
 これ、全く個人的な話になるんですが(今までも個人的な話か)、先週参加したアニソン総括イベントで所構わず乙女新党を推しまくり、それで吹っ切れた部分も大きい(笑)。全くもってどうでもいい話ですね(笑)。
 
 そして、新曲「サクラカウントダウン」これはいい曲!毎回そんなこと言ってる気もしますが(笑)、これまでのシングル曲がどちらかというとアニソン的というか、かなりイケイケのアップテンポナンバーだったのに対し、今回のは卒業ソングということもあって、ややミドルテンポのセツナ系。といってもしんみりしっとりではなくあくまで前向きというか顔は上向いて前に進んでる感じなのがいい。そして非常にメジャー感がある!メジャー感といっても音楽コード的な話じゃなくて、曲のスケールの話。
 
 メジャーもインディーズもない、というよりその境が限りなく曖昧になってきてる(レーベルはインディーズでも出資はメジャーなんての多いしね)今の時代ではあるんですが、それでもメジャーっぽい曲とインディーズっぽい曲ってけっこう明確にあるというのが個人的な感覚で、その感覚が今回の曲はメジャーだ!と囁いてます(笑)。
 
 話をイベントに戻して、2回目はサクラカウントダウン、もうそう★こうかんにっき、お受験ロッケンロールの曲順におしゃべり(卒業の思い出)とミニコント。今回のコントは途中まではなかなかのデキでしたがオチがないという素晴らしい展開(笑)。この回は後ろの方でみました。女子中高学生っぽい観覧者が多かった気がしたなあ。そして、ラスト曲の途中で痛恨の所用による途中退場。なんてこった。
 
 というわけで、乙女新党のライブ、ほんとにほっこりにこにこできるので、皆さん一度みてみたほうがいいと思います。リリースイベントは秋葉原などを除けば観覧無料なのでこれがいい機会だと思いますよ。
 

乙女新党(サイト)