読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

4月18日 乙女八十八夜 at 新宿LOFT

トップバッターのベルハーはファンとの馴れ合いがますます強くなったなあ、2番手のバニビはさすがの貫禄でおもしろいけどこれは!という何かに欠ける気がするなあ、とか思っていたら、ラストの大森靖子&ピンクトカレフが凄すぎて全てが吹っ飛んだ。

大森靖子のソロ弾き語りだと生身の大森靖子の血肉が音となってなっている感じだけど、バンドバージョンだと大森靖子のいる空間そのものが鳴ってる感じ。総じて曲はポップなのにこちらに届くのはビリビリとスリリングな高揚感。

前にみた時もオルタナティブな女性ボーカル系バンドとしてかなり凄いと感じたけど、今回はちょっと図抜けてる。国内屈指のエモーショナルな女性ボーカル系バンドといっていいと思う。