読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

5月25日 【KENZI 30TH ANNIVERSARY】KENZI&THE TRIPS SPECIAL LIVE at 恵比寿リキッドルーム

 

いやはやKENZIですよ。もうしばらく忘れてたくらいのミーハーファンですが、これでも最初の再結成後は相当足しげくライブに行ったりしたので、30周年を祝いに行くくらいの資格はあるだろうということで行ってまいりました。

 

鳥肌実

鳥肌実って1,2度しか見たことないなあ、そういや。
しかし、今の時代に鳥肌実ってのはいいんだか悪いんだかw
で、鳥肌実、メチャクチャおっさん化しとるwモノホンの右翼のエライさんみたい。まあ年月考えりゃあたり前か。
昔の芸風をあまり覚えていないのであれですが、右翼をベースに学会ネタに差別ネタ、かなり突っ込んだ下ネタ、さらに話題の人をネタにしたかと思うとオリンピックに北朝鮮と、とにかく俎上にあげる芸風で、今見ると2chニュー速とか実況系みたいな芸風。もちろん順番逆なんだろうけど。

 

氣志團

今や氣志團をこのクラスのハコでほぼ最前列で観れるってのは貴重なのか、それとも氣志團の人気がそうでも無くなってきてるのか分かりませんが、まあ、かなり珍しい経験。
で、その氣志團、昔、市川かそこらのライブハウスで見たことあるの思い出した。すっかり忘れてたなあ。
それは置いといて、氣志團のライブ、綾小路のKENZI愛が爆発してまして、KENZIにまつわる自分語りが暴走して多分持ち時間の半分くらいを費やしてKENZI話。客すらついていけないほどのマニアックぶりでスゲえおもしれえ。
さらにKENZIのカバーを2曲披露、最後はワンナイトカーニバルでしめるのかと思ったらその後にマイウェイ歌って終わりというまさにKENZIラブな内容で楽しかった。まあ、パフォーマンス自体はあまりキレがなかったけどよしとしよう。

 

KENZI&THE TRIPS

ラストは当然ケントリ
さて、最初に言っておくと、やはり速い曲はキレがない。つうか全体的に往年のスピードに追いついていけてない印象。まあ、この辺は年齢的な問題から仕方ないんだろうね。
まあ、そこをある程度割り切れば、何しろ昔熱狂した曲の数々が次々と披露されるわけで、盛り上がらないわけがない。
ただ、周囲のファンもみんなそれなりの年齢、失速っぷりがハンパないwちょっとモッシュ的なものが発生するもすぐに離脱する人続出でなんかもう修行状態wみんなもう少し備えてこないとw
あと、関係ないけど、メガネで最前付近に来る人、あれはなんなんだろうね。ダメってことはないですが、そりゃ落ちるだろうよ、と。

まあ、全体的にかなりあっさり終わった印象もありますが、それでも30周年の節目に見ることができてよかった。