読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

7月14日 バンドじゃないもん! at 新宿MARZ

 

 バンドじゃないもん!ワンマンライブ。
 ワンマン行くほどおれバンもん好きだったっけ?とか思いつつも、イベントでバンもん見るといつも「もっと見たいなあ」と感じていたので、これはワンマンで思い存分見てみよう、ということでチケットとったわけですが、なんとその後チケットソールドアウト!
 まあ、MARZはそこまで大きい会場じゃないもののまさか売り切れとは。なにげにバンもんすげえな。

 しかも会場にいくと文字通りソールドアウトの名に恥じないすし詰めっぷり。ギュウギュウという擬態がまさにそのままあてはめられるくらいに混んでて、これ相当チケット多めに売ったんじゃねえの?とか思ったくらい。

 

 さて、バンドじゃないもん!そもそもアイドルとしてはかなり特異な存在で、神聖かまってちゃんというある種スキャンダラスなバンドのドラムの子と、もともと女優志望の子の2人により始まったユニットが、新メンバーが3名追加したかと思ったら女優志望の子が辞めて(まあ、辞めるから新メンバー入れたんだと思いますが)、入れ替わり的に1名加入、しばらくすると1名辞めて、その後2名加入で現在6名と、まあめまぐるしい展開をみせているわけですが、今回のライブはその6名になって初めてのワンマンライブ。

 

 ということで今のメンバーは、鈴姫みさこ、恋汐りんご、七星ぐみ、望月みゆ、甘夏ゆず、天照大桃子の6名。
 恥ずかしながら、今がこのメンバーだってことは今回のライブで初めて知ったわけですが(笑)、何に驚いたって天照大桃子の加入。
 ちゃんももじゃん!いやまあテラスハウスはどうでもよくて、ちゃんももといえば渋家の人で、随分前にみたこの人達のパフォーマンスが思いのほかおもしろくて印象に残ってたので、その人がバンもんかよ!とびっくりしたわけです。まあどうでもいいか(笑)。

 

 そして始まったライブ。新しく加入した甘夏ゆずという子がキーボードやギターがひけるらしく、それら(ドラム、ベース、キーボード)の演奏もまじえながらのパフォーマンスでそれも手伝ってかカラオケのアイドルのライブよりもドライブ感があり非常に素晴らしい。
 アイドルのライブって途中にボラード的な曲やミディアムテンポな曲がちょいちょい挟まれて小休止したり、迫力あるとしてもダンスミュージック主体で展開が単調だったりするんですが、バンドじゃないもん!の場合、曲が基本的にロックなのでその辺の不満もなく、かなり理想的なキュートなガールズロックの様相。

 途中、各メンバーのユニットコーナーでは鈴姫みさこと甘夏ゆずのバンドセット、恋汐りんごと望月みゆによる萌え系ユニット、そして七星ぐみと天照大桃子によるBiSセット(スク水!)もあったりとこれまた楽しい展開。

 

 初期(というか2人組時代)のバンもんは、どちらかというと思春期的甘酸っぱさをベースにしてて、曲もそういうメロウなものが多かったんですが人数増えてからのバンもんはどちらかというと徹底的な享楽主義というか、パーティーミュージック的な狂騒感を前面に押し出す方向にシフトしたように思うんですが、その集大成が今回のワンマンライブという感じ。

 さらに、普段のイベントでは比較的おとなしい?印象があるファンも、すし詰め汗だく状態の極限的雰囲気のせいも手伝って(笑)、とにかく暴れまくりでノリは完全にライブハウス。もうわやくちゃ状態でそれもまた楽しい(笑)。

 

 今回のワンマンは掛け値なしの素晴らしさで、最後まで気持ちよく楽しめたライブだった。いやよかった!