読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

7月20日 ekoms presents NO ROOM FOR SQUARES!! Vol.3 at 新宿LOFT

 ekomsというのは桜井健太が代表を務める音楽制作会社でそこが主催するイベントが今回のライブ。まあ桜井健太といえばいずこねこなわけですが、これがまあなんというかいろいろあったようですが、当然よくは知らないのでそこは置いといて(笑)、今回のイベントはその辺のことはあまり関係なく(コショージの挨拶というのはありましたが)、イベントとして非常に楽しいものでした。

 

DJ 四捨五入(erica/エレクトリックリボン)

 最初はDJ 四捨五入ことエリボンのericaによるDJ。

 

Y.I.M

 アイドルではなく女性2人組のヒップホップグループで、歌詞も含めてDJみそしるとMCごはんっぽい。パフォーマンスはそこそこ楽しかったけど、歌詞や曲のノリがちょっと不得手方向かも。

 

DJ蕩萌める(駅南いちごぱんつ)

 アイドルソングをハウス的にMIXして展開させるスタイルで、多分この方面としては主流のやり方なんだと思うけど、これきく度にいかにオリジナルの曲のアレンジが素晴らしいかを再認識するというか、正直、ハウスが苦手な身としては、なんでわざわざアイドルソングをこういうMIXにしちゃうかね、という気がしなくもない。

 

せのしすたぁ

 福井県のご当地アイドル。音源は聴いたことありましたがライブは全然違う!3人組なんですが、そのうちの1人(まおにゃん)が客を煽る煽る(笑)。ここまで強引に客を煽るアイドルは初めてかも。とにかくこの強引さは特筆もの。
 さらに熱量半端ないパフォーマンスも素晴らしい、後半2曲は客席に降りてやりきるという気合いの入りっぷりで久々にちょい感動してしまった(笑)。
 自虐満載の曲もまたいい感じで、Negiccoのようなおしゃれスタイルではなくごりごりの泥臭さでこれまたその強引っぷりが堪らない。
 実際、めちゃくちゃ盛り上がってて、これ、東京を主体に活動してたら大人気になってるんじゃないかなあ。いやこれはもう一度見たいグループだった。

 

NACHU

 BiSとでんぱ組.incが好きなんだろうなあ、というDJによるごりごりのアイドルソングDJで、アイドルソングど真ん中をそのまま放り込むスタイルは潔くて素晴らしい。客席も盛り上がってました。

 

ライムベリー

 ライムベリーはすごくバランスのいいグループという気がする。ものすごく質のいいバックトラックにそれなりに形になっていながらも可愛さキュートさの残るラップそしてクールなDJと、なんかこうガールズアイドルラップとして必要十分というかほどよい感じが素敵。
 で、今回は今までみた中で一番よかった。多分LOFTの音質がライムベリーに合ってるんだと思う。

 

サオリリス

 アニソンかけまくりのDJすたいるでやはり音をいじってるのがちょいとアレでしたが(つかまあそれがDJなんだけど)、8割くらいは知ってる曲で個人的になかなか盛り上がった(笑)。

 

サクライケンタ×コショージメグミ(ex:BiS)ご挨拶

 なんつうかコショージメグミは普通のアイドルグループにいたら即座に解雇されそうな人なんですが(笑)、BiSではそれも一つの個性になっちゃってたとこもあって、それがBiS解散後どうなるのかな、と思ってたらなんとサクライケンタっつうこれまたある種の問題児とタッグを組むというまさに問題ありまくりの組み合わせ。
 しかし、コショージのダメっぷりはすごい(笑)。多分受け付けない人多数だと思うんだけど、妙にクセになる人も一定数はいそうな匂いもあってなんとも変な人。この日も飛ばしてました(笑)。

 

エレクトリックリボン

 ボトムの聴いたエリボンが見たい!と常々言ってたんですが、この日はかなりボトムがでかくて念願かなったわけですが、実際聴いてみるとあんまあわない(笑)。やっぱポップなグループなんだね、エリボン。
 そしてこの日は新メンバー加入。なんか普通の人(アイドルっぽくないという意味)でこれって?という感じでしたが、まあ相当に緊張してたのでこれからいろいろ変わってきそう。というか他のフロント2人がさばけてる分コントラストになるかもしれない。

 

 

今回のイベントはバランスもとれてて、普段は休憩タイムになるDJもかなり盛り上がって楽しかった!