読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

7月22日 RESPECTABLE ROOSTERS→Z RE-BIRTH」VIVA FUJI ROCK at 下北沢GARDEN

 

まあ、ルースターズが好きでdipも好きとなれば、今回のイベントに行かない手はない、ということで行ってきました。

 

Droog

この日唯一の若手。オルタナなバンドかと思ってたらかなりオールドパンクスタイルなロックンロールバンドでした.。
ただ、なんというか、全体的に音が流れてるというか、今一つリズムにうねりがない。演奏がガチャガチャしすぎててボトムが落ち着いてないせいだと思うんだけど、まあこの辺は若さゆえか。
あと、歌詞が苦手かも。ちょっと直接的というか安易というか、、、この年になるとちと気恥ずかしい感じというか(笑)。
あと、当然ルースターズのーカバーをやるわけですが、本家よりビート落としてどうするよ。

 

百々和宏とテープエコーズ

おなじみモーサム〜の人による、サイケデリックフォークロックな佇まいのバンド。
音楽的素養、知識、技術、全てが一級品だと思うんですが、だからこそ苦手っつうか、もう少しなにかはみ出して欲しいつうか、いやそれより何より音がちいせえよ!

 

近藤智洋

これまたおなじみ元ピールアウトの人による弾き語り。
当然ながらこれもフォークロック的でこれ単体ならいい感じだと思うんだけど、
イベント的にはどうなのよ、と思ったり。
この人のルースターズフリークは昔入ってたルースターズのMLでも話題になったくらいで(というか一度オフ会的な飲み会に来たことあるはず)、まあ実際トリビュートアルバムにも参加してるわけですが、実際聴くと、好きすぎていろいろひねりたくなったのね、、、と嘆息してしまうと言いますか。
マイナーアレンジのCMCとか誰が聴きたいのよ、、、と思わずにはいられない。
全然関係ないエドシーランのカバーの方がはるかに良かった。

 

dip

ここまで本人の曲はともかく、カバーに関してはもういろいろ残念な感じで、dipまでそんな感じだったらどうしよう、と思ったわけですが、そこはやはりdip。自曲もカバーも素晴らしすぎる。
とにかくボトムが太い。ナカニシ、ナガタの強靭なボトムが全てを支えてる感じ。
そして音がでかい!とりあえずロックなんて音がでかくてナンボというか、そこがスタートラインなわけで、その辺dipはよくわかってます(笑)。
そしてカバー。これまでの出演者と違い、オリジナルよりもはるかに速いwいやもう素晴らしい。
ゲストで原島、近藤、百々が登場してからは、いつかどこかでみたセッション然としちゃった印象もありますが、それでも十分よかった。

 

THE MAN

さすがの貫禄!ではあるんですが、わたしが求めてるものとのギャップがありすぎて、というより、この手のスカ的な音楽がほんと苦手。なんでかなあ。
あと、電車の都合により途中で退席しちゃったので、最後まで見るとまた印象違うと思う。

 

うーん、なんですかね。正直なところ、誰得ライブ?という印象が拭えないイベントだった。