読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

8月17日 アイドル甲子園2014 夏 vol.8 at 渋谷Club Asia

8月17日 アイドル甲子園2014 夏 vol.8 at 渋谷Club Asia
 上月せれな!大事なので最初に書きましたが、上月せれなですよ。
 とりあえず、先週今週といくつかのアイドルイベントに行って、まあどれもおもしろくて楽しかったわけですが、その中で私の心をすっかり持って行ってしまったのがこの人でございます。

 「おい!アンタ乙女新党にも行ったでしょうが!」という声があろうかと思いますが(笑)、確かに乙女新党は素晴らしかったし、ここのところのイベント参加率の低さを反省しきりだったんですが、でもまあ、乙女新党はある意味安心して見ていられる存在だし、何より前から知ってるし、、、。

 まあいいや。というわけで、この日は上月せれなの出るイベントに急遽参戦することを決意、昼間にあった別のアイドルイベントから引き続きclub asiaへと移動したわけでございます。

 しかし、このclub asiaはいいハコだね。なんといっても会場が涼しい!夏はこれだけで他のハコより評価高くなる(笑)。

 

佐原百音

 先日見たばかりですが、この日もアニソン絡みの熱唱系を3曲。聴いてて、平野綾茅原実里っつうラインがあるのかもしれない、と思った。
 知ってるアニソンなので退屈はしないけどそうじゃなかったらけっこう厳しそう。

T!P

 栃木のアイドル。この日はセーラー服姿でちょっと可愛かった(笑)。若干エモな感じがあるものの基本はオーソドックスな情熱系スタイルだと思うんですが、ファンの盛り上がりもあってけっこう楽しく聞けた。

N★RNiR

 みんなけっこうキレイでスタイルいいな、と思ってたら、グラドル?らしい(少なくともDVDを出してる)。この日は一人お休みだったようですが、白の制服そのままに曲やパフォーマンスはけっこう正統派で、これ!という所がないのが厳しいかも。一人かなりきれいな人がいた(笑)。

Mine produce

 事務所なしスタッフゼロを謳う2人組。
 その口上どおりけっこう自由にやってる雰囲気。曲もいわゆるアイドル的なスタンダード曲ではなく、ラップ(もどき)なども取り入れた楽しい感じ。
 ラストはnerve。昼間のライブでも他のアイドルがやってたし、今はこれが地下系アイドルのスタンダードなのかもしれない。つうかやっぱり楽曲って重要なんだな。これやればとりあえず盛り上がるからなあ。

上月せれな

 今日も素晴らしかった!
 この人の良さは、元気で明るく楽しくノリのいいパフォーマンスにあると思うんですが、それが押しつけがましい感じでも空回りする感じでもないほどほどの線なのがとにかくいい。本人のパフォーマンスと客のノリが一致してるというか、一緒に盛り上がっていく感じが素晴らしい。
 あと曲がいい。わたしが観たライブではオリジナル曲のハイテンションガール、姉的なポジションにいる上月みくの最強メロディ(上月せれなはもともと上月みくの妹分オーディションの合格者)、そしてカバー曲(初恋サイダーまたはバタフライ=デジモンのやつ)の3曲を披露してましたが、そのうち、ハイテンションガールと最強メロディは非常によくできた電波系ハイテンションポップで曲中の細かい合いの手などいろいろ心地よくていい。
 いやあ、ほんといいわ、この人。パフォーマンス中の笑顔がすごく素敵で、これは15歳と若いのにキャリアが3年近くある(ソロになってからは半年近く)という若さと経験値のギャップがうまい具合に働いてるのか、それとも素の才能なのか分かりませんが、とにかくみてるだけでニコニコできるし、見終わった後に非常に爽快感の残るアイドルは乙女新党以来です。
 でまあ、どれだけ気に入ってるかというと、先日は同じCDを複数買いしたと言いましたが、今回は恐ろしいことにチェキをとってしまったくらい気に入ってます(笑)。乙女新党の時でさえ心を折られたチェキをとるとかオレも成長したもんだ!

ジュネス☆プリンセス

 ここはファンが熱い!実際のパフォーマンスも元気でさわやかなタイプでいいんだけど、それを盛り上げるファンの一体感がなかなかの見所(笑)。あとMCがけっこうすっとぼけてる感じでこれも好き。

loop

 アーミー系アイドルということですが、その辺はよく分からなかった(笑)。ちょっとオシの強いユーロビート系の曲が主体?でなかなか楽しい。でもまあ、けっこういるタイプといえばそうかも。

PiiiiiiiN

 曲はけっこうエモロック系。けっこういいグループだと思うけど、この日はファンがあまりきてなかったのか、あまり盛り上がってる感が薄かった。
 なんつうか、アイドルのライブってコアなファン(推し)の盛り上がりがライブに与える印象を大きく作用する気がするなあ。どんなにアイドルの人が圧倒的なパフォーマンスをしても観てる側があまり盛り上がってないとそんなによくみえないし、逆にけっこうオーソドックスなタイプでも推しのファンが周囲を巻き込んで異常に盛り上がると、メチャクチャ好印象が残る。ホント、コアファンの頑張り(応援の仕方)は重要な要素の一つ。

TAKENOKO

 2人組なのに2人とも交代してしまい、完全に新生TAKENOKOとして一からスタートした感のあるTAKENOKOですが、それに伴いファンも一新した感がある。実際には前からファンという人もいるんでしょうけど、今回のライブに関しては、少ない印象だった。
 新曲1曲以外は昔の曲で、確かにクオリティは高いけど、今の2人には新曲の方がしっくりきてる感じがするなあ。

PassCode

 大阪発のアイドルで完全にエモコア系。ただし、途中チョコチョコとキュートでポップな感じのメロディが入る所がポイントか。
 しかし、この人たちはそこよりも客が激しいのに驚いた。客席半分ほどを占めるファンが全員2ステップ踊るアイドルの現場は流石に初めて。他にもモッシュにサークル、挙句には客席の真ん中で回し蹴り始めるファンもいたりして(GISMですか、、、)、ちょっと独特。
 個人的にエモコア系のアイドルはあまり好きじゃないんですが、このグループはけっこう楽しい。つうかファンを観てるのが楽しいかも(笑)。

イチサキミキ

 けっこう優等生タイプのソロで、おじさん人気がけっこうあった(笑)。曲がもう少しポップな感じだといい気がする。

KIRA☆PEACE

 前回見たときはそこまで印象に残らなかったんですが、この日はけっこう頑張ってる感あふれるパフォーマンスでよかった。まあ、それよりも今回バーバリー柄のスカートにセーラー服風の衣装だったわけですが、そのブラウス?がかなり身体にぴったりフィットタイプで、まあ胸が強調されるというか形がくっきり出るタイプだった、というのは一応報告していく必要があるんじゃないかと。

東京CLEAR'S

 このグループも先週今週とかなり観た(笑)。今回は例の新曲(ビビビ・ビューティー)は最後にやっただけで他は違う曲でした。でも全体的にポップでいい。ちょっとオーソドックスすぎるキライもないではないですが。

 

 観てる時はどのアイドルもすごく楽しいわけですが、こうやって終わると印象に残ってる人達とそうじゃない人達に分かれるなあ。いずれにしても今回行った3回のアイドル甲子園、なんかゆったりと観れてすごくいいイベントだった。