読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

8月16日 POP PARADE presents ~いざ、鎌倉!由比ヶ浜!~アイドル・オン・ザ・ビーチ with 地球外有機生命体 at OTODAMA SEA STUDIO

8月16日 POP PARADE presents ~いざ、鎌倉!由比ヶ浜!~アイドル・オン・ザ・ビーチ with 地球外有機生命体 at OTODAMA SEA STUDIO

 さて、乙女新党でございますよ。新メンバー加入とともに、お披露目&場数踏みのために8月はやたらとイベント出演が続き(しかも急に決まるパターンが多い)、今回は由比ヶ浜による音霊のステージに出演。

 今回のイベントはTVKのPOP PARADEという音楽番組主催のイベントで、MCとして番組のディレクターでナレーション?も担当してる菊谷宏樹氏がマスク姿で登場。で、この人、本人自ら妖怪ウォッチの兄と言ってましたが、その発言のとおり、菊谷知樹の兄。まあ、アニソン的には妖怪ウォッチよりも各アニメのBGM担当としての肩書きの方が有名か。

 んなことは置いといて、以下感想。今回もすでに出演順忘れてしまってます(笑)。乙女新党が一番だったのは覚えてるけど。

 

乙女新党

 トップバッターは乙女新党!相変わらずのもうそう、ときめき、2学期デビューの3曲を披露のMC長めのスタイル。まあ今のところこの3曲を練習してる感じなのかなあ。もう少し他の曲もきいてみたいですけど。
 さて、乙女新党に関してはもう語ることがあまりない。正直ライブパフォーマンスはまだそこまで特筆すべきところがないし、MCもまだまだ緊張してて通り一遍な印象だし。本来の意味での乙女新党らしさを発揮できるのはもう少し先になりそう。
 でも!ですよ!ここは一つ緒方真優の素晴らしさを語らざるを得ないでしょう(笑)。
 一般公募から選ばれたってのはどうでもいい話といえばそのとおりなんですが、だからこその初々しさというか表情や仕草にいわゆるモデル的ではない要素が溢れており、非常によろしい(笑)。例えばMCの時とかの普段の姿勢がちょいと猫背というか少しこじんまりした感じなんですが、そこから他のメンバーのコメントを受けての仕草の可愛さと言ったら!ちょいと肩をすくめたり顔をかしげたり、イチイチ可愛い(笑)。
 唄ってる時の表情もすごく豊富で天然萌え系とでも言うのかね(もしかすると普段異様に練習してる可能性もなくはないですが)、とにかく「尊敬する人はお兄ちゃん みんなの妹 緒方真優」というキャッチフレーズを誰がつけたかしりませんが、まさにそのまんまの妹キャラ全開になっております。いやあ、気持ち悪いね、オレ(笑)。

つりビット

 この日は一人お休みで4人編成。ここはほんとに曲がいい。非常にポップでさらっとした曲ですごく幸せな感じにしてくれる。なんかでもけっこう成長してきた気もするなあ。初めて見たのいつくらいだったかな。

アイドルカレッジ

 けっこう正統派なアイドルグループだと思うんだけど、この日は場内の熱気(というか暑さ)と音響(響きまくる)のせいか、かなり迫力あるステージだった。とにかく元気でいい感じ。

さんみゅー

 さんみゅーもアイドルカレッジ同様に、というかそれ以上に正統派アイドルですが、この日はやはり迫力あるステージ。曲もすごくよくていいライブだったなあ。客とのアイコンタクトもすごくきちんとしてた。

小池美由

 MCがことごとくスベる、というかいじられるキャラ設定なんですが、こういうイベントだとそういうお約束知らない人も多いのでなかなか難しい。この日もある意味空回りというか少しグダってた感じだし、ちょっと難しい路線じゃないか、という気もする。曲自体は昔のアイドルっぽくていいんだけど。

Chu-Z

 ダンスとかラップとかそっちを主体にしたお姉さん系グループ。衣装なんかも含めて一般的なアイドルじゃなくダンスユニット的な佇まいなんだけど、けっこう熱狂的なファンがついていてそのギャップがおもしろい。あんま得意なジャンルの人達ではないけど、けっこう煽りが上手くて面白かった。

palet

 ここもどちらかというと正統派。でやはりこの日はかなりアゲてくる感じのパフォーマンス。みんな同じこと書くけど、やっぱいい感じだった(笑)。前見た時はもう少しおとなしい印象だったけど。

WHY@DOLL

 いやあ汗かいてましたね。ってまあどのグループもそうでしたけど。この人達は曲がちょっと苦手なタイプなんだよなあ。少しメランコリックなタイプというか切なさ要素が強すぎるというか。

 

 乙女新党以外適当すぎるな(笑)。というかですね、とにかく今回の会場は暑い!冷房なんてあってないようなもの。暑くて途中朦朧として出ようとしたくらい。幸い、出口付近は外の涼しい(!)空気が入ってきて過ごしやすかったのでそのまま最後まで観ましたが。

 まあ、とにかくその暑さでやけくそだったのか、どうせ汗かくならとことんやっちまえ!ってことなのか分かりませんが、場内は異常に盛り上がってました。声がよく反響するってこともあるのかもしれませんが、なんかいろいろおもしろかった。あと、基本は海の家なんで上半身裸でも全然OKなのもよかった(のか?)。水着の女の子もほんの少しいたし(どうでもいいか)。