読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

9月15日 まかべまお主催ライブdeパーリナイ祭り at 渋谷STAR LOUNGE

9月15日 まかべまお主催ライブdeパーリナイ祭り at 渋谷STAR LOUNGE

 さて、8月半ばに上月せれなを初めて見てすっかり舞い上がってしまい、それ以降上月せれなの出演するイベントを中心に世界が回ってるわけですが、実際のところ、上月せれなの出演するイベントは所属事務所であるレッドノーズ(アイドル甲子園を企画運営してる事務所)が主催するものが大半であり、結果的に地下アイドルを中心にしたイベントを見に行くことが多くなってる次第でございます。

 そういうわけで「オレも随分地下アイドルを観たぜ、全部を分かったとまではいかないものの、地下室の概要くらいはそろそろ掴めてきたんじゃないのかね」とか偉そうなことを思っていたわけでございます。

 しかし!地下は広かった!いや、そうではない、、、「地上(メジャー)以外は全てこれ地下である!」という絶対的事実をわたくしすっかり失念しておりました!

 まだまだ知らないアーティストばっかじゃねえか!

上月せれな

 我らが上月せれな!アウェイ感すげえ!何しろ最前付近には7〜8人しかいねえ。残りの客は後方に下がり完全に品定めな雰囲気。人身売買のオークションってのはこんな感じなのか!と思わずにいられない後ろからの冷たい視線が背中に突き刺さります。
 しかし、上月せれな頑張った!1曲目は新曲の恋愛ポップソング(青春してていい感じ)、2曲目最強メロディ(この曲はもともと上月みくという地下アイドルの人が唄っていたため、そこそこ知られてる)となかなかにいい感じに進み、それなりに手拍子も拍手も起こっていい感じ。
 ただ、ラストのnerve、、、会場の雰囲気からどうかなあと思った予感が的中、まあ盛り上がらない(笑)。この時点ですでにいつものアイドル現場とは全く違うことを痛感(笑)。
 でも、何度も言いますが上月せれなは頑張った!物販で「せれなのこと好きでしょう?」と訊かれた返事をここでしよう!好きです!(笑)

姫乃たま

 この人のことはFBでブログがシェアされてるのをタイムライン上で見かけた関係で名前だけは知ってたわけですが、もちろん今回初めて(つうか上月せれな以外全員初めてだ)。
 エロ本ライター兼アイドルってことですが、実際の唄は清涼系ガールポップの趣きでかなり好きなタイプ。曲も唄もかなりよくて、ラストのちょいポップな曲も含めてこれはいい!アイドルと言ってるけど、まあ女性シンガーですね。しいてアイドルでいうならゆっふぃーをもう少しSSW的にした感じか。
 この日はのどの調子が悪い?とのことで少し声がれ気味だったのが残念。本調子な唄を是非聴いてみたい。

I’s

 2人組のユニットで情熱系ロックというかいわゆるアニソンっぽい曲を唄う人達。ハモりなどもあったりして唄のうまさを聴かせるタイプではありますが、まあめちゃくちゃ上手い!という感じではないかも。

monochome

 上月せれなの出番が終わった時点で皆どっと前に押し寄せました。どうも全員知り合い?くらいの雰囲気。いやあ、すげえよ。
 ということで2番手は2人組のアイドル。ポップというか電波寄りの曲をやってて、けっこう普通のアイドルっぽい佇まい。楽しくてよかった。

篠崎柚宇

 アニソン歌手を目指してるとか言ってたと思いますが、まあ曲もその方面です。やはりこの手の情熱系ロックは人気あるんだなあ。
茶々
 かなりギャル風の出で立ちですが、この人も完全にアニソン系の人でカバー(栗林みなみ?)も披露。このあたりで、今回のイベント、アイドルつうよりアニソン系なのか?とうすうす気付き始める(笑)。

福永幸海

 グラビアアイドル的なこともやってる人なのかな(検索するとそっち方面が引っかかる)。すいません、覚えてない、、、。

ドリルパープル

 金田朋子あるいは桃井はるこばりの素っ頓狂な発言を続ける女性ボーカルと妙にドヤ顔の男性キーボードの2人組!来ましたよ!もう曲もまんまのflipsideもどき。やばすぎる(笑)。なんだろうこの感じ。何かがではなくて何もかもが違うんだけどそんなのどうでもよくなるくらいのドヤり方が眩しすぎる。

大和撫子

 今日は踊ってみたの日、ってことでほぼオケバックに踊りを披露(ラストにオリジナル曲を1曲披露)。踊っただけなのでよく分かりませんがかなり陽気な雰囲気の5人組(この日は一人欠席)でいろいろ楽しそうな感はあった。

Torte&Cholate

 いやあ、世の中知らないガールズバンドがいっぱいいるなあ。そしてその手のバンドの多くがSCANDALみたいな音楽やってるなあ。でもこのバンドは皆可愛い!多分それこそが正義なんだと思う(そして多分違う)。上手いか下手かでいえば上手くはないですが、まあそんなの些末な話だ。問題は曲が魅力的かどうかなんだよね、、、。

まかべまお

 レースクイーンとかやってた人なんすね。曲的には完全にアニソン、つうか水樹奈々あたりからの系統。でもよかったのはポップなタイプの曲だった(水樹奈々でいうとディスコティックみたいな感じ)。まあこれは単純にわたしの好みの問題なんですけど(笑)。
 そして、バンドセットで空色デイズ披露。アイドル界では初恋サイダーが定番(最近だとnerve)なように、アニソン絡みだとどうもこれが定番のような気がする。数少ないアニソン系(地下)のライブでも誰かした披露してた。まあ盛り上がる曲だしね。
 以上、正直客の熱気にあてられて肝心のパフォーマンス自体はあまり覚えてないという体たらくですが、基本的に普段のイベントではあまり聴けないジャンルの音楽で、個人的に苦手な情熱系ロックも含めて非常に楽しいライブだった。

 なんかえらいとっちらかった感想になりましたが、ライブ自体はめちゃくちゃ楽しかったことは確かです!と一応書いておきます(笑)。