読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

4月17日 ORESAMAGIC Vol.03 at 渋谷Glad

 オオカミ少女と黒王子っつう少女マンガを原作とした深夜アニメがありまして、そのエンディングテーマをoresamaっつうグループが唄ってたわけですが、正直全然聞いたことのない人達だったんですが、これがなかなかいい感じのガールポップで一度ライブをみてみたいと思っていたところ、よさそうなイベントがあったので行ってきました。

エツヨエメラルド

 今勝手に分類しちゃいますが、ガールポップにはイタイ系と呼ばれるジャンルがありまして、野沢直子とかフランク・チキンズとかそういう感じなんですが、今回が初見のこの人もいわばそういう「仮想日本のポップミュージック」をテーマにしたタイプの人。
 奇抜なファッションとメイクでマンドナやレディガガあたりのダンスミュージックにのせてひねった歌詞を歌うという感じで、このタイプ間違えるとほんとイタイだけになっちゃう(つうか大抵そう)という危険性を多分にはらんでるわけですが、この人はよかった!確かにいろいろサブカル的というかイタイ感じもありますが、バンドセットということもあってかそこが悪目立ちすることなくビビッドなポップさの方が遙かに勝ってていい具合。非常にハッピーなムードに溢れるパフォーマンスというのかな、とにかく楽しかった。

Faint★Star

 HINA (ex.Tomapai) とYURIAによるガールズユニットFaint⋆Star。agehaspringsがプロデュース。まあ元トマパイといっても後期メンバーなのでそこはまああまりどうでもいいところ(ウソ、そうでもない)。どっちかというとagehaspringsプロデュースという方がキモですかね。アイドルイベントにも出てるんですが、とにかくおしゃれ路線です(笑)。ポップなダンスミュージック路線というのはまさにトマパイっぽい感じで、ふわふわとしたキャラクターとも相まって非常に軽やか。でも、ライブとしてはちょいとスルッとしすぎというかひっかかりに乏しい気がしなくもない。

oresama

 実はずっとバンドだと思ってましたが、マニピュレート+ギターの男性とボーカルの女性のユニットでした。曲もほぼクラブミュージック〜ニコ動経由というところでまあそこからあまりはみ出してない感じ。ただ、BGVがあったりダンサーが2人いたりしてパフォーマンスとしてはなかなかおもしろかった。