読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

7月5日 JAPAN SHOEGAZER FESTIVAL 2015 at 吉祥寺SEATA

 イベント名のとおり、日本のシューゲイズ近辺のバンドが集合した今回のイベント。シューゲイズが泣くほど好きかというとそうでもないんですが(笑)、でかい音は好き!ってことで行ってまいりました。

towaenanami
女性2人組だけど名前からすると1人はヘルプかな?実は遅刻してちょっとしか見てないけど、エレクトロニカ的な打ち込みにハーシュノイズがうっすらのる感じでなかなか良かった。もう少しカオスな雰囲気があるともっといいかも。

死んだ僕の彼女
静謐、静謐&轟音っつう、まあシューゲイズの典型的パターンではあるんですが、轟音を全身に浴びてユラユラしてると、こういうのはこれでいいんだ、という想いが強くなる。とにかく音がでかいのがいい。3きょくやってほぼ同じ構成なのはちょっとアレな気もしますが、これもまた反復的な気持ちよさといえば言える。

少女スキップ
先程のバンドとはうってかわって疾走系シューゲイズ。女性ボーカルってのがプラス要素なんですが(笑)、ややリズムが重いというかモッサリしてるのが残念。もう少しグイグイと前のめりな感じがあると良かったかも

Plastic Girl in Closet
シューゲイズ要素にエレポップの要素をプラスし、さらにはアニソンとして起用されてもおかしくないキャッチーさを持ったメロディといいとこ取りのバンド。リズムの軽快さといい、非常に素晴らしい。しかし、このバンドの素晴らしさはそこだけではなく、女性ベース/ボーカルにあると言える。ライブでは挨拶くらいしか喋らず、あとは無愛想?な表情にもかかわらず、その岩手弁?でなされる挨拶の破壊力たるや!もうこれだけで「普段は全然笑わないし無愛想だけど、この人は絶対ツンデレである」という妄想を抱かずにはいられません
それくらい素晴らしいバンド(なんのこっちゃ)。

The Florist
最初の曲がダンディズム臭というかナルシズム臭が結構あって、どうしたもんか、と思ったんだけど(笑)、2曲目以降はそれがうまい具合に叙情性の結びついてかなり良かった。ボーカルをしっかり聴かせるところといい、シューゲイズというよりもロックバンド然としてる。容姿がちょいとアレなのがアレかなあ(笑)。

Umbrella
ゲスト枠。ゲスト枠ってなんぞや?と思ってたら最前はいつのまにか女性客だらけに。???と思ってると、出てきたのはまごうことなきビジュアル系。といっても昔のヘビメタ系ではなく最近流行りのホスト系。
なるほどゲストだわー、集客用だわー(棒)というわけでいろいろ書こうと待ち構えてたところ、これがエラいカッコいいときたもんだ!基本的にグラマラス系ロックンロールで演奏も歌も佇まいも申し分なし。なにより一気呵成の疾走感が素晴らしい。・・・もっと見る

shelling
女性ボーカル。ポップな曲やアンビエントな曲などバラエティに富んでて面白いはずなんだけど、なんだか引っかかりがない。すごい流れていくというか印象に薄い感じ。

1000say
音源はエレポップな雰囲気が満載なんだけど、ライブだともう少しハードというかロックな部分が強調されてる。個人的にはそこが今ひとつに映った。今ひとつというか普通になっちゃってるというか、、、。

Lemon's Chair
今回のイベントの主催者。だけあって、音の大きさは随一。がしかし、凄いことになるよ!という期待感だけがずーっと続いてなかなかキタ!とならない。ようやく音の洪水らしきものに出会えたのは最後の曲のクライマックス付近。うーん、実は音源もそういうとこがあって「でもライブは凄いんだろう」と期待してたところがあったんだけどそうでもなかった、、、まあでも普通に考えれば相当音はでかいのか(笑)。

bulb
シューゲイズイベントだからなのか、ハコのせいなのか?いつもより音が遥かに凶暴。というか明らかに出音が違うのでイベントに合わせてきたと思われり。そしてそれがまあ素晴らしい。いつもの妖しげな雰囲気もいいけど、今日の音は格別。ツインドラムのド派手な出音とピッキングによる金属音を発しまくるベース、フィードバックまみれのギター、もうそれぞれ素晴らしすぎて言うことなし。シラタマちゃんのボーカルもそれに負けることなく妖しい雰囲気で、シューゲイズとは一味違うものの、ハコの中を音が暴れまくる爆音体験を味わえた。

いやあ心臓バクバクする音のライブは久しぶりだけど、やっぱいいなあ。