読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

2015年春期アニソンベスト10

 物好きな人達が集まって、当該期に放映されたアニメ(アニメは3ヶ月=1クールとしてテレビ放映されることが多い)のウタ(アニソン)のベストを選定し、あーだこーだと言いたいこというイベントというか飲み会=アニソン総括が先日行われ、2015年春期(4月〜6月)放映分アニメのアニソンについてガヤガヤとダベってきました。
 ワタシもそこに参加してアニソンベストを選んでるわけですが、ここではそこで選んだベスト10について好き勝手コメントします。ホントは総合ベスト10もあるんですが、そちらは割愛。つうか覚えてないし(笑)、誰かがやってくれるかもしれないし(笑)。
 
1位 全力でアイドルです!!/内田彩楠田亜衣奈渡部優衣山口立花子伊藤悠翔(にゅるにゅる!!KAKUSENくん)
 わたしにとっての「アニソンとは何か」に明確な答えがここにある。
 ガヤガヤとした合いの手で始まるオープニング、ヤケクソ一歩手前といっていいメロディを計算されつつも無鉄砲な声で歌うAメロBメロ、そして王道的なメロディを高らかに歌い上げるサビ、そしてスラップスティックのごとく狂騒的な間奏、、、これがアニソンだ!
 
2位 Rally Go Round/LiSA(ニセコイ
 正直今までLiSAってピンときてなかったんですが、これはヤバい!まさに80年代ソニー的な快活ポップ!ある意味妄信的なまでのポジティブさが逆に狂気すら生み出しそうな雰囲気。もう一度いいますがこれはキテます(笑)。
 これまでも80年代ソニー的な明朗快活さはありましたが、それと同時に現代的なエモさハードさもあって、そこが今ひとつノレないところでもあったんですが、この曲はエモ成分少なめで軽やかなのが特に素晴らしい。
 
3位 通り雨drop/内山夕実ニセコイ
 どっから聴いても初期のCHARA!当時まあまあCHARAを聴いてたわたくしにこれに抗う術を持ち合わせておりません。いやそれ以前にわたし内山夕実が好きなんだよね(笑)。
 内山夕実って器用な人で、前のアニメじゃ天城越えとか唄ってましたし、この曲、どう考えてもシャフトからこの歌い方(CHARA)でって指定があったんじゃねえか、という気がします。総括でも賛同者あり(笑)。
 
 本格的なスカパンクスタイルではなく、いかにもアイドルがやりそうなポップなスカパンク。しかしこれだけベタな曲を徹頭徹尾ベタにやりきってここまで様になる人はそうはいない。田村ゆかりが特別好きなわけではないんだけど、こんなのやられちゃ何も言えません。これで17歳だから恐ろしい(ベタなコメント、、、一般の人がベタにやるとこうなります)。
 
5位 放課後ストライド/木村珠莉(ミカグラ学園組曲
 もともとはこのアニメの原作者がウタも歌っており、それがオリジナル。他にもいろいろな人が唄ってますが、個人的にはこのアニメのバージョンが一番好き。いかにもニコ動的な狂騒的テンポの曲ですが、声優的なウタがガチャガチャした曲の中にキュートさを持ち込んでて素晴らしい。
 
6位 リトライ☆ランデヴー/村川梨衣(えとたま(干支魂))
 これはもう声の勝利。正直、この人の声が好きなんですよね。それが全てといってもいいかも。とにかく萌えられます(笑)。
 
7位 Stella-rium/鹿乃(放課後のプレアデス
 ニコ動出身の歌い手。結局、ニコ動出身で人気の出る人ってセンチメンタルな歌い方の人が多いよね。ってことでこの人もそういう感じ。叙情的でありながらあまりベタっとせずある意味スッキリしてるのが好き。
 
8位 もぎたて☆カプレーゼ/前田玲奈(BAR 嫌われ野菜)
 まずびっくりしたのが、この人、それでも世界は美しい(アニメ)で劇中歌を唄ってたということ。この劇中歌、宝塚的といってもいいくらいにベタベタのミュージカル風だったので、今回のこのアイドルを誇張しまくったかのような媚び系スタイルを聴いた時最初は同一人物と分からなかったくらい。てなわけで個人的にはこっちの方が好きです。しかし、考えるとじんせーずとして人生のアニソンも歌ってるんだからこっちがホントなのか(笑)。
 
9位 RIGHT LIGHT RISE/分島花音(ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)
 完成度がメチャクチャ高いポップアニソン。アニソン度はそこまで高くないんだけど、こんだけキュートならまあ入れざるを得ない(笑)。間奏部でいきなりプログレ的な不穏な展開をみせるところが案外おもしろい。
 
 アニソン的な純度で行けば10位には入らない曲ではあるんですが(笑)、この加藤ミリアか西野カナかってくらいの超弩級の王道J-POPをアニソン的にも大人気のGARNiDELiAが唄い(まあこの人達は元々王道感ありますが)、ガンスリンガーストラトスのエンディングで流れるという今の時代の有り様を考えるためにあえて10位に入れました(笑)。
 いや、曲もけっこう好きだったりします(笑)。
 
 今回はニンジャスレイヤー問題ってのがあって(笑)、これ考えるとニンスレのアニソンがベスト10の半数を占拠しかねないため、あえてこのロック系をはずしてベスト10を選びました。この理由から他のロックバンド系(東京カランコロンとかパスピエとか)も全部一律で除外しました。
 ま、それらを除いてもベスト10を選定するのに相当苦労したくらいで、今期(2015年春期)はかなり豊作だったように思います。
 ちなみに、ニンスレは来年再編集テレビ版が放映されるらしいのでそれを待つ予定(笑)。