読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

8月2日 U.T.I.F2015#4 at 目黒鹿鳴館

 

 8月の最初の土日(今年は1、2日)といえば、言わずと知れたTOKYO IDOL FESTIVALの日である。世のアイドル好きがこぞってお台場に集まり2日間にわたって至福の時を過ごすイベントなわけですが、しかしTIFだけがアイドルイベントではもちろんない。世の中にはそういう大規模イベントに背を向けて独自の道を歩む者だってたくさんいるわけである。
 てなことで、今年の1、2日はTIF以外にも様々なアイドルイベントが行われたわけですが(つうか、TIF関係なしに土日は様々なアイドルイベントが行われてるんだけどさ)、そのうちの一つ、U.T.I.F(まあ何の略かは分かるよね)に行ってまいりました。
 がしかし、先日のアイドル甲子園に引き続きこの日も遅刻!前半観れてません!ショック!

 

少女閣下のインターナショナル
 容姿はまあ置いておくとして、歌もダンスもまあひどい(笑)。しかしそのひどさは半ば確信的というか敢えてそうしている雰囲気すら漂うグループ。
 個人的に以前のベルハーがこんな感じだったように思うのだけれど、このグループは全体的になんかこう偉そうというか粋がってるというか、「そういうわたしたちかっけえ!」と自分たちで思っていそうな感じがするのが特徴的。
 そう、このグループ、まさに厨二病アイドルと言っていいんじゃないでしょうか。メンバーの一人が上着脱いだり(中はきちんと水着着用)、ふてくされたかのように座り込んだり寝転んだり、適当極まりないMCだったり、クラウドサーフされたり、口に水を含んでまき散らしたりと、やることがイチイチとっぽくて素晴らしい。極めつけはNIRVANAのカバー(例のあの曲です)。これを堂々とやっちゃう辺り、なかなか病気が進行してるなあ、という風情がたまりません(笑)。
 正直つまらない曲もあったりするのがちょいアレですが、このまま突き進んでいくとすげえおもしろいことになりそうな気もする。

 

校庭カメラガール
 以前見た時はけっこう本格的なラップグループって気もしたんですが、この日はEDMっぽい曲やアイドル然とした曲もあったりとバラエティに富んだ内容。全体的なクオリティやポテンシャルはすごく高いと思うんだけど、いろんな所に手を出して収集つかなくなってる感も少し。バカになりきれてない気がするのも一因かな(この前が少ナショだったからかもしれません)。

せのしすたぁ
 前回見た時ははメンバーの一人まおさんの喉の調子が悪く、ほぼ声が出てない状態だったんですが、今回はきちんと声が出ており、登場するや客を煽りまくってなかなかいい滑りだし。が、音源トラブルにより1曲目の途中で中断、仕切り直しと相変わらず突発的なトラブルの多い人達(笑)。ただ、こういう時のまおさんの対応能力はさすがで、場をだれさせない。今回は、ステージの上にDJセットがおかれ、運営の人がステージ上で音源をかけるスタイルでまおさんも運営の人(森にゃん)をいじりまくって場を盛り上げてました。
 その後もフロアに降りての土下座ケチャ(まおさんを中心に皆が座ってまおさんに向けてケチャをする)やモッシュなどフロアはすごく盛り上がってました。

 

RYUKYU IDOL

 いきなり上半身ビキニ水着で登場!だからどうした、というわけでもないんですが、やっぱこちらの身構えも変わってくるというもの(笑)。
 いや、そこは別にしても、とにかくアツいステージ!曲自体が激しいわけでもなく歌い方がエモいわけでもないんですが、とにかく全身全霊全力投球的な雰囲気がもう素晴らしすぎる。nerveを披露したりと客の掴みもばっちりで、客の多幸感はこの日一番だった気がする(前半見てないですが、、、)。

 

じゅじゅ
 最後はじゅじゅ。この日から新衣装。黒のコルセットタイプの衣装でこれまでのゆったりな感じから引き締まった感じになってて、暑そう(笑)。
 まあ、それはいいとして、やっぱこのところ堂々たる風情が漂ってるなあ。特に踊りはすごくキレが出てきたというか、フワフワしたところがなくなってきた。それに呼応してか客も盛り上がっており、客同士が肩組む曲ではフロアの後ろの方まで肩組んでました。じゅじゅやっぱいいなあ。

目黒鹿鳴館、(本来の意味で)メチャクチャ暑い箱なんですが、この日は場内の熱気でなんだかもう大変なことになってました(笑)。