読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

11月13日 Dark Ambition Exposed vol.21 at 池袋CYBER

11月13日 Dark Ambition Exposed vol.21 at 池袋CYBER

 

 このイベント、今回は2日続けて開催。2日目も行ってまいりました。

 

 今日は物販の話。ヴィジュアル系の物販、後物販(全公演終了後に物販をやる)のこともありますが、このイベントでは転換時に物販やることが多い。

 物販で何を売ってるかといえば、チェキ、CD、前売りチケットの3種の神器。もちろんある程度人気のあるバンドはグッズも販売してて、チェキケースやタオル、パーカーなんかが売ってる。ただ、通常のバンドやアイドルでは必須ともいえるTシャツを販売してるバンドは意外なほど少なくて、この辺は(バンドメンバーに気に入られようと)ファッションに気を遣う女性客がメインというのが関係してるような気がする。あとはアクセサリーなんかもあるかなあ。

 

 さて、3種の神器の一つであるチェキ。バンドじゃまだあまり観ないチェキですが、アイドルではド定番。ヴィジュアル系でも定番となっております。ただ、ヴィジュアル系の場合、ランチェキがメイン、というか通常のライブで2チェキやってるバンドはいない気がする。ライブ終了後の撮影会って仕組みはあるようですが。

 ランチェキ、ようはメンバーをチェキで撮ったブロマイドですね。1枚1枚ショットが違うチェキがバラバラに入っていて、それをクジのように中身を観ずに選ぶのでランダムチェキ=ランチェキ。あ、でもヴィジュアル系の現場ではランチェキとは言わずただのチェキと言ってる気がする。

 さて、このチェキ、前回のライブで売れ残ったものも継続して売っているので、毎回買う人にとってはそのライブ用に新たに撮られたチェキが「当たりチェキ」ということになる。さらにバンドによってはメンバーもランダムなので本命のメンバーのチェキを引くとは限らない。必然、当たりが出るまで何枚も引く(買う)ことに、、、。恐ろしい!全くもって恐ろしいシステムだわ(笑)。いやアイドルで経験済みだけど(笑)。

 

 そしてCD。これはまあバンドなので当然のアイテムですが、ヴィジュアル系は会場限定CDってヤツが意外に多いのであなどれません。あと、まだ結成したてのバンドだと試聴CDを頒布してるところがすごく多い。わたしも既に5,6枚もらってきました(笑)。これは1曲入りだったり1番のサビまでのショートバージョンが入っていたりとさまざまですが、音源聴くにはかなり便利。

 

 最後に前売りチケット。全席自由というかオールスタンディングのライブでは入場順ってのがかなり重要なわけですが、ヴィジュアル系におけるその重要度は他を遙かに圧倒する。何しろ目当てのメンバーの目の前(最前)でライブをみるのが最高のステータスというか、それしか!な人がかなり多いらしい。この辺アイドルとはまた違った熱気が感じられます(笑)。

 あと、ステージの途中に段がある会場もありますが、この段の最前を死守したいという人も多いみたい。これは当然メンバーの姿がよく見えるからってことだよね。

 てなわけでメンバー手売りの前売りチケット、基本的に整理番号1~50番とかの若い番号を手売りしてることが多く、それを購入する際は裏返しにしたチケットからババ抜きスタイルでチケットを選ぶ方式で、脇で見てると静かな闘争心が感じられてこちらまでドキドキします。

 実は前日のイベントでチケットを一枚物販で購入したんですが、チケットえらい分厚くて出演メンバーの写真入り。さすがチケットまで豪華だぜ。

 

 この物販、そこまで人気のないバンドの場合、当然客が少ない。アイドルの場合、そこにはなんとも言えない悲壮感というかモノ悲しい雰囲気が漂いますが、ヴィジュアル系バンドだとまたちょっと様相が変わってくる。アイドルのような制約が少ない分、そういう物販の場合、一人か二人のファンがずーっとメンバーと話してる。内容も「ファンです!」とかじゃなくて日常会話に近い感じ(といってもそこにメンバーとファンという位置関係が厳然としてあるのはおもしろい)。

 いやこれ、ファンにはたまらんだろうなあ(笑)。アイドルも地下深くいくとそういう光景あるけど、これ味わうと人気出たら離れていくってのも分からないではない(笑)。まともに人と話せないワタシなんぞには全く想像できない世界ですが(笑)。

 

 前置きなげえが、印象に残ったバンドの感想!

 

AmyDolly

 メロディアスなポップよりの楽曲。エレクトロなシーケンスが所々に挿入されるのがアクセントになってておもしろい。前段のバンドと違い、ボーカルが物腰低くてお願いするようなMCで面白い。結構好きかも。

 

エレキテル

 このバンド名、ツッタンツッタンと早くて軽いビート、ピコピコとやっすいキーボード(しかもオケ)、大仰なのに音がちっちゃいギター、頭にアンテナ(髪の毛)たてて挙動不審なボーカル。いかにもな歌詞。そしてボーカル最前にただ一人で屹立してる長髪眼鏡の女のコ(ファン)。

 うん、まごうことなきエレポップ~ナゴムチルドレン(笑)。いやまあそもそも筋肉少女帯のフォロワー的に犬神サーカス団とかグルグル暎書館とかいたし、ヴィジュアル系にだってこの手のバンドがいるのはおかしくはないけど、今回のイベント的には浮いてます(笑)。

 

Faze

 音はストレートなヴィジュアル系なんだけど、ボーカル筆頭にかなりかっこいいのと、メンバーの煽りがえらく上手いというかフレンドリーな感じで面白い。実際盛り上がってた。これはかなりいいバンド。そうそう、客が逆ダイやるパートの時に「男も嫌いじゃないぜ!前来いよ!」とかこっち見て煽られた気がするんですがなんか気付かずに無視してしまった(笑)。つうか気付いても行かない(行けない)けどね!

 

Synk;yet

 なんだかんだでこの二ヶ月間で見るの5回目。立派なファン(笑)。

 曲はポップだし、個人的には文句なしに楽しいバンド。ここは客のフリも一体感あってそれ込みでいい感じ。

 

アヴァンチック

 このバンドもちょっと注目してます。

 この日は1曲演奏した後、最近ライブをメチャクチャたくさんやってる。でも毎回3曲やってラストソング!お前らついて来いよ!ってマンネリでしょ。お客もそう思ってるでしょ?的なMCから「なので、今日は逆ダイだけやります」と宣言。そして逆ダイ講座と称し、逆ダイやるパートの所から演奏初めて皆で逆ダイの練習を繰り返す。なんか見てるだけでも楽しい(笑)。そして曲スタート。逆ダイのフリのパートに来たら、「全員来いよ!」と執拗にその部分だけ何度もリピート。最終的にほとんどの客が逆ダイに参加。

 このバンド、前回のこのイベントで「全員座れ!」ってMCに対して全く応じない(座らない)一人の客とバチバチやってたバンドで、必然そういうあたりをいろいろ言われてるみたいですが、個人的には好きです(笑)。

 

MAJOLICA

 まだそこまで人気ないのか、前段のアヴァンチック終わった時点で客がごっそり帰っていった。このイベント、いつも最後のバンドはそこまで人気ないバンドを配置することが多くて(分からないではないですが)、いつも最後は客が減るんですが、まあ、パフォーマンス自体は別にテンション下がることもなくおもしろいので、それでいいのかも。

 このバンド、前回はボーカルが音外しまくってた記憶があるんですが、この日は普通でした。

 残った客もスペースがたくさんできたせいもあってヘドバンにモッシュにとかなり楽しそうに大暴れしてて面白かった。つうかやっぱモッシュいいわあ(笑)。