読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

1月から3月のライブ総ざらえ

2016年に入ってからというもの、あーいやそれよりも前からどうにもライブに行くモチベーションが低下しまくっておりまして、今年観にいったライブは全部で13本。って別に少ないわけでもないな(笑)。
 問題は他にもあって、ライブの感想も全然書けていない。まあこれに関しては環境的な問題も大きいわけですが、それにしたって怠惰すぎる。
 ということで今後は少し気を引き締めようと思う次第ですが、その手始めに感想書いてないライブのコメントをちょこっと書いておこうかと。
ではイザ!(笑)

1月17日 LIVEプラス1000 at 渋谷 O-nest
 お馴染みLIVEプラス。中身もお馴染みです。この頃はすでに上月せれなへの興味が出がらしのようになっておりまして、興味はもっぱらNEXT少女事件やMalcolm Mask McLarenに移ってる時期。でもライブ自体はどのアイドルもおもしろいんだけどね。

1月22日 Dark Ambition Exposed vol.24 at 池袋CYBER
 これまたお馴染みヴィジュアル系イベント。実はこの日を最後にビジュアル系観てない。そろそろ再開しようと思ってますけど、、、(笑)。で、中身もお馴染み。中で所在なさげな雰囲気バリバリなのもお馴染み。一時期慣れた気がしてたけど、気のせいだったらしい(笑)。このイベント、おもしろいことに19時あたりが一番人が多くて(開演時間は15:30)、終演近くはごっそり人がいなくなるんですが、個人的にはその終演近くが一番落ち着いて見れる(笑)。言い方は悪いんだけど、バンドやそのパフォーマンスはすごくゴージャスなのに、全体的にすごく身近というかフレンドリー感に溢れてる気がする。多分PAのせいとかその辺の要素が大きいと思うんだけど。

1月29日 上月せれな定期公演 at 新宿レッドノーズ
 NEXT少女事件/篠原ゆり/XYZ/上月せれなという夢のようなメンツ(個人的)。とにかくどのアイドルもよかった!中でも初見のXYZはラップ抜きのリリスクっぽいダンスナンバーとBiSHをもっとゆるくポップにしたナンバーがメインで正直かなりドストライク。また観たい!篠原ゆりもアイドルというより懐かしきSSW系女性ボーカル曲があったりしてすごく好み。CDが売り切れてて残念。

2月26日 鮮魚のはらわた at 高円寺HIGH
 bulb/tsubaki-VOICE/AUTO-MODというメンツのイベント。bulbは久しぶりにみたんですが、これがよかった!華美でありながら技術的にも優れた演奏と、ゴシックかつキュートなボーカルが見事にハマってて、80年代の女性ボーカル系バンドのような艶やかさ。最近、こういうプロっぽいと言うか構築美にあふれたバンドってなかなか貴重な存在で、それだけで大満足だったりするんですが、今回のライブで聴けた新曲がまた素晴らしくて、これはまた通いそう。
 AUTO-MODは少しシンプルというか華美さに欠けていた印象。その代わりと言ってはアレですが、ジュネさんも参加したアンコールでのBONE TO BE WILDがなかなか素晴らしくてよかった。

2月28日 SLOWMOTION at 東高円寺UFO CLUB
 この日のライブはborisと割礼の2マン!しかもborisにはゲストとして森川誠一郎が参加!いやもう行くしかないでしょう。
 って、実は割礼の出来は今ひとつ、、、というか以前から思ってたことですが、スローサイケデリックな曲に今のドラムはかなりミスマッチな印象(あくまで個人的な感想)。最近やってる早めの曲だとそこまでの違和感はないんですが、スローな曲だと剛胆一直線のドラムがどうにも、、、。
 さらにborisでのゲストボーカルの森川さんも今ひとつ声の抜けが悪くてあまり印象には残らず、、、この辺はPAの関係とかもありそうですが、、、。
 しかし、その辺をさっ引いたとしてもborisのパフォーマンスがすごすぎた。いやパフォーマンスというか音のでかさというか(笑)。とにかく会場の狭さも手伝ってとにかく音がビリビリと迫ってくる。感覚としてではなく、実際の体感として身体がビリビリ震えちゃう音の洪水はかなり久しぶり。いやもうとにかく轟音とはこのことなのね的な音のでかさにシビれまくり。最後はブレーカーが3回ほどトンだところで、これ以上はムリってことで強制終了(笑)。いやもうすげえもん観た(聴いた)わ。

3月12日 SHOWBOAT 2MAN SERIES at 高円寺SHOWBOAT
 原爆オナニーズギターウルフの2マン!これまたすごい2マン。って実はギターウルフは少し遅刻したせいで全部見れてないんですが、久しぶりにみた印象としてはこれはいわゆるシンプルなロックンロールというものではなく、いや形態としてはまごう事なきロックンロールではあるものの、中身はインプロ的な要素やシアトリカル的な要素も加味されたジャムバンドとしてのそれ。感覚はグレイトフルデッド的つうか。ロックンロールとしてのシンプル感やドライブ感を感じるというより、ロックンロールの渦に飲み込まれてグルグルと落ちていく(上がっていく)感覚を楽しむトリップミュージックとして楽しむのがいいのかも。
 で、原爆ですよ。いやもうやっぱ原爆でしょう。こっちはまごう事なきパンクロックです。ゴリゴリです(笑)。もう最高です。しかし、前回もそうだったんだけど、床がドリンクでぬれまくっててサークルモッシュできねえよ!ってそもそもやる人全然いないんだけどさ(笑)。

3月18日 R2Y+J presents -S.L.O.D.E CRACK- rev.01 at 渋谷VUENOS
 なんだかよく分からないメンツのイベント。でもまあbulbが出るんで行くしかない。正直bulb以外はよく知らないメンツでパフォーマンス的にはすこし前時代的というか懐古的なイメージ。まあでもそれはそれでおもしろかったですが(笑)。そんな中、bulbはかなりいい感じ。やっぱ従来の曲よりも新しい曲がいいなあ。もっと聴きたい。

 というわけで、これまでの感想終了。あとはこの前言ったオールナイトイベントについて書くだけとなりました。ふう、オレ頑張った!(笑)