読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

7月3日 シバノソウ生誕祭 "17" ~昼の部 ライブ編~ at 新宿Marz

 2日の夜に同じMarzでTOKYO DARK CASTLEをみてたら、知り合いから「明日のライブお待ちしてますw」とコメントがありまして、明日のライブって何だっけ?と調べてみたらあらあらこれは面白そう、、、ということで恐らく少しハイになってたんでしょうな、勢いでオールナイトイベント開けの朝10:30スタートっつうライブに行くことに。


西村、年内でDJ辞めるってよ aka ひよこ
 オープニングは西村ひよこちゃんのDJから。もう一人いて、2人してお寒いMC(一応褒め言葉)から舞台にあがってパンツ1枚になるなど漢系DJを披露。男たるものいくつになっても厨二病!(完全に褒め言葉)


まつもとかなみ
 今回の出演陣の中では最も正統派な女性SSW。相当にポジティブ思考というかハートが強いというかグイグイくる感じは精神状態次第ではドンびくところですが(笑)、この日はまあ大丈夫でした(笑)。こういう人もまだまだいるんだなあ、という感慨はちょっとあったかも(笑)。


ぱいぱいでか美
 これまで聴いたCDの感じだともう少しエキセントリックというかサブカル臭の強いタイプかと思ってたんですが、歌詞を別にすればけっこうストレートなSSWで、かなり好きかも。MCもさすがのこなれ具合で面白い。まああれだ、結局わたしは女性ボーカルものに弱いだけなんだ(笑)。
 途中、シバノソウ(今回の主役のコね)がぱいぱいでか美の衣装(胸のところがハート形に空いてる)で登場し1曲コラボ披露。これはけっこうインパクトあった(笑)。いや何がとは言いませんが。


少女閣下のインターナショナル
 休止間近の少ナショ(これ書いてる時点ですでに休止してます)。観るのはかなり久しぶりなんですが、この日の小ナショはよかった。いつもはそのシアトリカルな感じが少し苦手というか、あまりにぎこちなくてソワソワしちゃうんですが、この日は適度に力が抜けていたのかゆるっとしたステージで見やすかった。さらに途中シバノソウが加わってのコラボはとにかく楽しそうな雰囲気がとても素晴らしく、なんかこうこっちまでニコニコしてしまうね。


GOMESS
 この日の出演陣の中では最も異質というかシリアスというかラップスタイルの人。MCで話していたシバノソウとの出会い方(電車で話しかけられる)がなかなかに強烈というかおもしろくて、その勢いでパフォーマンスを披露したのはなかなかよかったんじゃないかと。いやラップ自体すごくいいし、もともと素晴らしいアーティストなんだけど、場の空気を掴むという意味ではこれはよかったんじゃないかなあ。


西村、年内でDJ辞めるってよ aka ひよこ
 アイドルジェネレーションに出ることが多いので、けっこう観たことある西村ひよこちゃん。ほんとに年内でDJやめるんでしょうか。はいいとして、この人のDJはDJというよりパフォーマーで、別に曲の繋ぎとかそういうことよりもその場でひたすらエモく盛り上がる曲をてらいも何もなくかけまくる、というその潔さこそが素晴らしいわけで、この日もそりゃBABY BABY(銀杏)とかかけられた日には爆発するしかねえだろ、という話であって、、、。それ以外にもシバノソウを巻き込んでのロックンロールは鳴り止まないとかもうエモいエモい。感動とか感慨とかいろいろあるけど、肉体レベルで反応するという意味では2,3日に観たライブの中で一番盛り上がった(笑)。


シバノソウ
 最後はバンド体制によるシバノソウ。えーと実は観るのは初めて(笑)。アイドル好きの女性SSW系ってことで最初は大森靖子系かと思ったら、実際それっぽい感じも少しはあったけれど、全体としてはもっと静謐なイメージで南壽あさ子あたりにちょっと近い。まだまだつたないところも多いけど、本人の明るいキャラクターともあいまってかなり楽しかった。


ということで、勢いで行ったイベントでしたが、これが楽しかった!各アーティストの出演時にシバノソウとのコラボがあったりと、出演者、観客双方に生誕を祝おうという想いが濃厚で、ただ単なるアーティストの寄せ集め的イベントではなく、きちんと生誕祭になっているところがとにかく楽しくて、これこそ正しい生誕祭の姿だよねえ、と感慨しきり。いや観てよかった。