読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

7月17日 Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR「あっちこっち行くけどごめんね! at 舞浜アンフィシアター

 今年は声優のライブに行きたい!と年始の際に思ったものの、実際には全然行けておらず、まあこんなもんだよなあ、と思ってはいるものの、忘れた頃に訪れる声優系ライブ。持つべきものはチケットとってくれる友人である。

 わたしが観たのは昼夜公演の昼の部。ツアーのオープニング。舞浜アンフィシアター、いわゆる円形ステージで非常に見やすい。席もそんなにステージから遠くなくて、なかなかいい感じ。
 まずは始まる前に映像で当日の諸注意が申し渡されるわけですが、これがWUGのメンバーによる寸劇仕立て。今回のはEDMっぽい衣装と曲にのっての紹介で、これがなんというか下手すぎもせず上手すぎもしない絶妙なデキで素晴らしすぎる(笑)。この辺、手間がかかってるというか、地下アイドルとは演出的な意味合いでやはり格の違いを見せつける。

 実際のライブも演出構成がしっかりしていて、ヘタするとまあスムーズすぎてつまんない、と感じる恐れも十分あるんだけど、その辺はメンバーのプロっぽくない(こなれてない)感じがうまくカバーしていて、その辺の塩梅がすごくおもしろい。

 ただ、演出がしっかりしてる分、うがった見方をすれば奇跡/伝説のライブは生まれにくい(笑)。ただ、そこら辺もWUGに関して言えば、ライブ自体がアニメと連動したストーリー型なので、それで補完されてる感はある。

 さらに言うと、しっかりした演出も見方によってはお寒い演出になり得るわけですが、仮にそうだったとしてもそれを全力で楽しむファンの姿勢はやっぱり地下アイドルではなくて声優クラスタだなあ、という気はする。

 それにしても、WUGが特殊だなあ、と思うのは、メンバーがまだまだこなれてないせいで、地下アイドル要素も感じられるところ。全部演出なんだけど、本人たちがライブを楽しんでるというか、アイドルとしてパフォーマンスしてるというか。そういうアニメの3次元化からはみ出した部分がなんともよかった。
 さらに言えば、アニメの主軸テーマであったアイドル成長物語を追いかけるように彼女たち自身がリアルタイムで成長している感があること。これはファン冥利につきるというか、かなり特殊なおもしろさだと思う。

 それともう一つ、映像連動という強みは相当大きい。ライブのクライマックス前にアニメのダイジェストがスクリーンで流されると気持ちは高揚するもんなあ。素材を作為的に作れるのはほんと大きい。 

 てなわけで、最近はやりのアニメアイドルの三次元ライブを体感したわけですが、おそらく他のアニメアイドルにはないおもしろさがWUGにはある気がする。いや面白かった!