読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

11月9日 nampaTEDfine&ATFIELD inc. pre. アイデンティティー at 新代田FEVER

 

 別に音楽をあびるほど聴いてきたわけでもないんだけど、なんだか新しいモノにやたらと興味がある。自分のアイデンティティを破壊してくれそうな、自分の居場所を探し求めているような、何かを希求しているような、まあ、理由はどうでもいいんだけど、見知ったバンドのワンマンよりも知らないバンドやアイドルがたくさん出るイベントが好きだし、観たことも聴いたこともないバンドに対するなんとも言いようのないワクワク感が好きである。

 ということで、今回観にいったイベント、音源どころかバンド名さえ聞いたことバンドばかりで、おもしろかった。

SPARK!!SOUND!!SHOW!!
 関西のバンドだそう。いわゆる性急ビートにエレクトロ感覚溢れるギターロックという最近はやりのジャンルなのだけれど、エキセントリックでもストイックでもなく、妙に下世話でガチャガチャしてる。この辺は関西のバンドだってことも大きく寄与してると思うんだけどど、とにかくなんとか客を引き込もうとするあの手この手がその寒さも含めてなんともおもしろい。曲自体もすごくよくて、ダンスミュージックとして十分に機能してる感じ。この日一番楽しめたかも。

FINLANDS
 女性ボーカルでこのバンド名ってことでかなり期待してたんだけど(笑)、実際はややセンチメンタルなメロディに力強いビートという最近のガールズロックバンド然としたパフォーマンスでした。だからといってつまらないというわけではないのだけれど、ちょっと個性に欠けてるというか、ちょっとこのタイプのガールズバンドが多すぎるイメージ。

Age Factory
 切実なボーカルにミクスチャ気味のギターサウンドというグランジ系オルタナバンド。このタイプの音楽がちょっと苦手なせいもあり、ちょっとつらかった。耳が慣れてないせいもあるんだろうけど、なんか全部同じに聞こえちゃうんだよね、、、。あと切実なボーカルがキライというわけではないんだけど、今回は少し暑苦しい感じを受けてしまった(ってそこが魅力なんだろうけど(笑))。

Sentimental boys
 シティポップ系ダンスミュージック。最近このタイプが少しはやってるんだろうか?それはともかく、ユラユラと漂うグルーヴ感や演奏のセンシティブさが心地よくてかなりいい感じ。ジャンル的には男性シンガーが豪華なバックひっさげてやってもいい音楽なんだけどそれをバンドサウンドとして表現してるところがいいのかもしれない。never young beachもそうだったんだけど、全体に感じるリバーブ感というかエコー感はダブのエッセンスを取り入れてるのかもしれないけど、印象としてはダブというよりサーフサウンドやグループサウンズ感に近くてそこもなんだかおもしろい。

ということで、これくらいの分量のイベントって疲れすぎることもないし、良い感じだなあ。