読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

2月5日 クロスオーバーWAY Vol.12 at 新宿レッドノーズ

 

 ここのところ、アイドルイベントにいく機会が目に見えて減っているわけですが、その理由の一つとして、あまりにもアイドルイベントが多すぎてどれに行っていいか迷ってしまう、というのがある。この日もかなり多くの魅力的なアイドルイベントがあったわけですが、それら数多あるアイドルイベントの中からこれを選択し、当日料金で入るクソサブカル厨二イズムは大事にしていきたい。

 

SAKA-SAMA

 件のTRASH-UP!!が送るアイドルグループ。1曲目に披露した曲はまさにエクスペリメンタルな香りのするバックトラックに少女ボーカルがのる感じ。ただ、これを「さすが」ととるか「なるほどね」ととるかは微妙な所で、正直後者の感覚が強い気も。快楽的要素が求められるアイドルソングにおいてこの手のトラッシュな音楽を用いるにはよほどパフォーマンスなどで頑張らないと、バンドなどにも増してただの自己満足に終わってしまう恐れが高いような。ただ、2曲目以降はシューゲイズとかそういう香りをまとったポップソングで、すごくよかった。

 

吉野なお

 以前一度だけ観たことあるけど、その時は至福というかステージ衣装じゃない形でパフォーマンス自体もかなりやっつけだったんですが、この日は恐らく通常営業。ゴスロリ系衣装でロック寄りの曲という定型路線ですが、承認欲求オーラが強烈で触るな危険感の強さが独特の雰囲気を醸し出してる。つうか単純に雰囲気怖いわ!嫌いじゃないけど(笑)。

 

日本アイドル生成工房

 なんか観たことあると思ったら元地球人か。アイドルソングのカバーを行うグループで、新グループ発動までの繋ぎ的な感じなのかな?しかし、2017年の今、TAKeNOKO▲の曲がライブで聴けるとは(笑)。

 

リナチックステイト

 リナさんも長いなあ。リナチックステイトのライブって面白いと思う時とそうでもない時があるんだけど(失礼)、この日はよかった。なんつうか、応援側のノリがパフォーマンスに影響する感じはするね。ってみんなそうなんだけど。

 

星名ふみみ

 かなりゴリゴリなロックサウンドを主体とした人。曲はアイドルソングだけど、タイプとしては昔でいう女性ロックシンガーだよね。この手の暑苦しいくらいにグイグイくる感じは好き嫌いあると思うけど、個人的にはけっこう好き。単純にライブ楽しいしね。

 

MELLOW GREEN WONDER

 3人組のアイドルグループ。けっこう正統的なアイドルソングを歌うグループですが、さきちゃんという子がかなりあざとい(褒め言葉)雰囲気あって可愛い(笑)。もう少し曲にフックがあるといいんだけど。

 

スーパー転校生

 これまた3人組ですが、こちらはかなりふざけてる(笑)。前田敦子のパロとかのネタを織り交ぜながら「楽しきゃいいんだよ」とばかりに下らないパフォーマンスを繰り出す姿勢は素晴らしいとしか。こういう可愛いは正義と同様に楽しいも正義なのである。しかし、この人達どこかで観たことあるんだけど、どのイベントで観たんだろう?

 

あヴぁんだんど

 ここまで、それぞれ個性的なアイドルさんたちばかりで、けっこう満足してたんですが、最後にそれら全部が吹き飛んじゃうパフォーマンスに出会ってしまった。

 あヴぁんだんど自体は前から知っていたし見たこともあったんだけど、やや先鋭的なアイドルソングをやるグループ程度の認識で正直そこまで興味のある存在ではなかった。この日も始まるまでは「そういや今2人になったんだよなあ」という程度の感じだったんだけど、ライブが始まった途端、自分たちの持てる全てをぶつけてくるかのようなパフォーマンスに圧倒されてしまい、なんつうか久々に鳥肌立ちまくるほど感動してしまった。

 全力でエモーショナルなパフォーマンスをするアイドルグループというのはたくさんいるんだけど、あヴぁんだんどが素晴らしいのは、見棄てられたアイドルというネタにもなってる出自、繰り返されるメンバーの脱退、事務所の移籍とセルフプロデュース、のような状況から容易に想像される負の感情の発露としての凄さではなく、自分を覆っていたものが望む望まざるによらず剥ぎ取られ、最後に残ったコアの部分が放つプリミティブな尊さにあると思う。それは箱に残った希望のような、仁さんの最後の笑顔のような、何ものにも代えがたい素晴らしい輝きに満ちていて、それは本質を剥き出しにしてパフォーマンスすればすげえ所に行けるってことの証左でもある。

 

 ここのところ、アイドルイベントとかに行ってもそれなりに楽しいね、という感覚だったわけですが、今回はあヴぁんだんどに出会ってしまった。この衝撃が本物かどうか、今後確認してみたい(笑)。