読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

10月4日 GIRLS VISION at 渋谷VISION

 

 アイドル甲子園やLIVEプラスを主催するレッドノーズが新たに始めたシリーズイベントであるGIRLS VISION。まあなんのことはない渋谷VISIONでやるアイドルイベントでGIRLS VISIONってことだと思うんだけど、別にイベント名別にする必要もないような。

KIRA☆PEACE
 久しぶりにみるけどまあ通常運転。これ目当てでは行かないけど、イベントでみると退屈はしません。

meltia
 原宿発のアイドル。というと神宿だの例の駅前だのを思い出しますが、このグループはどちらかというと原宿ロリータファッション(白系)で、容姿も衣装もパフォーマンスもかわいいメルヘン一辺倒という感じ。ある意味新鮮。嫌いじゃないです(笑)。

Malcolm Mask McLaren
 今回一番注目してたグループ。もうグループ名からしてあざとさを前面に押し出す気マンマンのグループですが(笑)、さあどうだ!と言わんばかりにAnarchy in the U.K.をバックに白い使い捨てマスクをした3人組が登場。いやもう何周も回りすぎてクラクラします(笑)。 
 曲がこれまた狙いしすましたパンクロック、、、というよりビートパンク/パワーポップ系。演奏もオリジナルパンクつうか宝島的音色で、こんなのやられておもしろくないわけがない(笑)。
 まあ、ふざけるな!と言う向きもあるとは思いますが、わたしは断然指示します(笑)。

C-Style
 すごく久しぶり。80年代的ヤンキー(ロンタイBABY的な)をコンセプトにしたグループで、以前見たときは何をどうやればいいのか定まってなくてぶれてた気がするけど(つうか本人たちがそう言っていた)、今回はかなり力強いステージである意味覚悟を決めた感あってよかった。まあ、曲は昔のMAXですが。

大宮 IDOLL
 住んでるとこに近い大宮のグループなので応援したいけど、あまりに普通のアイドル的でひっかかりが少ない気が。容姿はかなりかわいいんだけどなあ。

宝石箱
 衣装が着物スタイル(下がスカートになってる例のやつ)で、曲もやや和テイスト。オケがハードめでいい感じなんだけど、パフォーマンスがやや追いついてない印象。

DaisukI
 曲がポップでかなりいい感じ。振り付け含めて全体的に自由な感じがいい。特に黄色のコはなかなかキャラ立ってる。

T-RIP
1曲目がnerve(この日1回目)はまあおいといて、2曲目のオリジナルがアイドルマナーに沿った曲でかなりよかった。ただ歌はけっこう下手(笑)

フレンド♡フレンド
大人数であげてくグループ。勢いあっていい。2曲目は初恋サイダー(この日1回目)。

loop
さすがにこのメンツの中では曲もパフォーマンスもメジャー感ある。その分手堅さも目についてある意味面白みには欠けるキライも。

RABBIT KICK
メンバーに小学生がいたりと基本的に若いグループ。のわりには足上げキック連発でちとどうなのよ感。つうか若すぎる。しかし当然ですがファンは多い(笑)。ったく(笑)。

Still@Secret
 なんとこの日は1人!急遽欠席とか言ってましたがマジですか(笑)。とはいえ、客の後押しもあってなかなかいい感じ。会場のせいか、曲のポストロック感が増してた印象。で、10日にCD販売!買います!

さくらんぼう注意報!
 大阪のグループ。メロディックなハードロックでテンポめちゃ早い。グイグイあげてくタイプで人気あった。

Jeanne Maria
 これも多分関西のグループ。これまたハードでグイグイ引っ張るタイプでしたが、そんなことより2曲目が紅のカバー!なんかいいモンみれた感(笑)。

sugartrap
 高知の2人組。高知の地方アイドルのコと同じ事務所のモデルのコの2人によるユニット。これが素晴らしかった!基本的にエモくてハードな曲をアツくパフォーマンスする感じなんですが、それが暑苦しくなることなく全体的な印象は颯爽としており、それなのにすごく情緒的でもある。
 特に半ばでやったミドルテンポのメロウな曲が素晴らしくてちょっと感動。今回(3日と4日)が初東京ライブらしいですが、もっとこっちでやってほしい!

RynRyn☆ミどろっぷ
 1曲目が初恋サイダー(本日2回目)。

高岡未來
 おんなじ気持ちをカバー。さすがに盛り上がる。

ドリームステーション
 ワイワイガヤガヤなお祭り系グループで、曲もワチャワチャしてて結構楽しい。

Chubbiness
 曲もパフォーマンスもメジャー感というかAVEX(アイスト系)感ある。メンバーがなんか全体的にふくよかだった(笑)。あと見間違いじゃなければケルシー・パニゴニが最前で推しやってました。

スルースキルズ
 相変わらず人気あるけど、他のファンを巻き込めてない印象もあるなあ。曲やパフォーマンスはポップで好きなんだけど、例の罵り関連のお約束は正直あんまりおもしろくない、、、。

Devil ANTHEM.
 ファンが多くてちょいとびっくり。ワンマンを経て勢いついた感じなのか。ここはちょっとひねった感じの楽曲が素晴らしく、またパフォーマンスが妙に可愛らしくてよくあってる。いいグループ。

ぴゅあ娘
 nerveのカバーをやってました(本日2回目)。

上月せれな
 そもそもファンだし、悪くはないんだけど、なんつうかその選曲はどうなのよ、といつも思うなあ、、、。まあでもパフォーマンスもファンの応援方法も少しはっちゃける方に定まった感があるのはいいことかも。

KOTO
 相変わらずの全力ダンス。もうボーカルの被せも何も隠そうとしない感じなのがいっそ清々しい(笑)。しかし8月に観た時も思ったけど、KOTOちゃん少しふくよかになられたような(成長しただけか!)。

PassCode
 なんか、nerveと初恋サイダーが2回ずつカバーされる今日のメンツから行くと、スルースキルズやこのPassCodeあたりは特別ゲストといってもいい感じ(笑)。で、そういう状況だからってわけでもないんでしょうけど、この日のパスコは終始にこやかな表情でリラックスした感じのパフォーマンスで、ステージ上だけみてるとザ・アイドルステージって感じ(笑)。もちろん、客席側はモッシュもリフトも通常どおり起きてましたが、ステージ上はすごくアイドル。
 ロック以上にロックな現場を作りだすアイドルが注目を浴びる中、PassCodeもその一角を担ってるといっていいと思うんですが、こういうアイドルとしての魅力が垣間見れちゃうところが、PassCodeの現場があまり荒れない要因の一つだったりするんだろうなあ、と感じたりもしたけど気のせいか(笑)。

ということで、6時間ちょいのイベント。久々だったせいか疲れた(笑)。