読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

7月10日 WONDER WORLD vol.18 at 恵比寿BATICA

 今はなきHAPPY BIRTHDAYってバンドが好きだった。女性2人組のバンドで、失恋ソングや日常の挫折なんかを描いた歌詞も含め、基本的に女子(ここは敢えて女子という単語を使わせてもらいます)が好きなバンドなのだけれども(実際ライブは女性客の方が圧倒的に多かった)、まあそういうバンド(アーティスト)が好きなのであります、わたし(笑)。

 で、そのHAPPY BIRTHDAY、坂口喜咲(ボーカル、ギター)とあっこ(ドラム)という2人のメンバーから構成されていたわけですが、その中の1人であるあっこは紙芝居ラッパーとして一部で話題となり(今はフリースタイルに凝っていて紙芝居はほぼやってない模様)、わたしも初期の頃はけっこうライブに行ったりした。
 そしてもう一人、坂口喜咲の方に関しては、なかなか観る機会がなかった。いや機会はあったんだけれども、弾き語りというスタイルだと生々しすぎてダメなんじゃないかという勝手な思い込みがあって、行く気力がそこまで沸かなかったというべきか。

 でもまあ、一回も観ずに終わるわけにもいかんだろ、ということで、今回行ってまいりました(笑)。

姫乃たまと青葉市子
 姫乃たま、地下アイドルを名乗ってますが、いわゆる一般的な地下アイドルとはちょっと違うよね。もっとはるかにサブカル寄りで地下アイドルという呼称に対する自己批評的な意味合いもあるというか。そういう意味では青葉市子とのユニットはなるほどなあ、という感じもする。
 曲はそれぞれの持ち歌やカバーだったんですが、ギターの弾き語りで歌われると、ますますアイドルではなくてSSW感が強い。で、その唄とも相まってこれが相当いい感じ。べたっとした感じがなく、非常に淡い趣きがほのかな暖かみを与えてくれて素晴らしい。
 ただまあ、カバー曲としてたんきゅんデモクラシーの曲を選ぶあたり、サブカル魂百までというより、あまりに「そこですか」感が強くて逆にシュールという(笑)。

辻詩音
 こちらは一般的な意味合いでのSSWな人。かなり横道なSSWタイプなんですが、MCなんかはさすがに長いことやってるなあ的な流ちょうさがあって、そこが逆に少しむずかゆいというか、少し居心地の悪さを感じたりそうでなかったり。

吉河順央&森永。(明治)
 なんか2人で登場。カバー中心の選曲で意外性もあってそれ自体はけっこうよかったんだけど、なんというか身内ノリというのか、知ってる人は知ってるのを前提にしたような雰囲気もあって、ある種のクラブノリが微妙にモヤモヤしたりしなかったり。

坂口喜咲
 で、坂口喜咲です。この前にやった人のファンが多かったのか、客がかなり少なくなった状態でスタート。最初は奇声あげたりアコギ弾き語りで叫ぶように歌ったりとややエキセントリックでしたが、途中からオケバックにお馴染みの曲を披露。これが現在の個人的に状況とも相まって、まあしみること(笑)。ラストは客席に降りてきて転げまわるわ、客の手をとって踊りだすわ、これまたエキセントリックでしたが(笑)、メチャ盛り上がってました。その辺含めてさすがのパフォーマンス。
 しかし、この人の書く歌詞はなんだかすごい。ほんと情けないほどに日常的な情景を用いて、人恋しさやもの悲しさ、寂しさなんかをウタにしてるんだけど、それら全てが「そうだよね、、、」と胸にくるというか、グッとくる。正直、ここまで歌詞でやられた経験は初めてに近いかもしれない。うん、やっぱ好きだわ(笑)。
 しかし、あっこゴリラといい、HAPPY BIRTHDAYの2人のパフォーマンスはなんなんだ(笑)。

 ということで、やっぱ坂口喜咲はちゃんと観なきゃダメだわ。追っかけよう。あんまライブやってくれないのがアレだけど。