読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akane's diary

ほぼ音楽とアイドルとアニメ(アニソン)の話

9月26日 第弐回 真夜中のヘヴィロック・パーティー at 渋谷マウントレーニアホール

9月26日 第弐回 真夜中のヘヴィロック・パーティー at 渋谷マウントレーニアホール
 いやあ、お久しぶりのオールナイトイベント。いつ以来だ?まあそれは置いといて、渋谷マウントレーニアホール、いわゆるシアター系の作りで椅子が気持ちいい(笑)。これは少し楽かも、と思ってましたが、徹夜自体がつらいや、、、。


非常階段feat.ゆるめるモ!
 最初は音もパフォーマンスもしょぼくてどうなることかと思ったけど、尻上がりに良くなった。ただステージ自体はほぼゆるめるモ!オンステージで非常階段はオマケみたいな感じ。バックミュージシャンといえばいいか。
 あと、個人的にsweet escapeのロック的アプローチはあまり好きじゃないかも、、、。あれは延々と続く単調な反復ビートが魅力の一つだと思うんだけどなあ、、、。


佐井好子
 JOJO広重氏お気に入りの人ですね。
 角川や東映ビデオ(が作った映画)で流れそうなジャジーな楽曲。そのせいもあって最初は懐メロ的な感じもあったけど、徐々に馴染んできた。特にキーボードのみで歌われた最後の曲は良かった。というか、バックミュージシャンの人選はちょっと疑問が残る。広重氏人脈なのはわかるんだけど、あの手の曲の薄い感じがうまく出てない感じ。ハジメタルはよかった。


コクシネル
 良かった!静かなサイケデリックポップつうか、今と少しズレた世界に半身だけ迷い込んだようなささやかな幻想。まあ、若干音楽的というかジャジーな要素もないではないですが、随所に顔を出すノイジーかつアヴァンギャルドな音が素晴らしい。
 あと、今回ギター(池田氏)とボーカル、キーボード(セツ氏)の2人だけだったせいもあるけど、メロディ的には案外めんたんぴんと似たような感じなんだな、と再認識。全く違う傾向の音楽に行った感あったけど、実がそうでもないんだな。旅する場所が変わっただけだったんだな、と。


THE 卍 feat.加納秀人
 びゅんびゅんに香り‼︎いやあまさかこの年になってこれ聴けるとは。
 音源で聴けるような暴力的な勢いはないものの十分楽しかった。ただ卍も加納秀人も大人つうか悪い言い方するとちょっと鈍重というか。グイグイ前に行く感じがあんまない。きれいすぎる(上手すぎる)のかな。


アーヴァンギャルド
 まあ、これは人気出るわ。リア充つう言葉を拝借するならサブ充つうか、現代サブカル風バンドの理想形つうか、反則的なまでにいろいろやってる。ただ、サブカルに後から便乗したわたしのような後追い組はこじらせ率(ひねくれ率)が高いので、これを素直に喜んで楽しむことができない(笑)。


キノコホテル
 すごい人気ある。かなりコンセプチュアルなバンドで、ネオサイケ的。あんま得意なジャンルじゃない(笑)せいもあるのか、少しコンセプトの枷が窮屈な印象。


蛸地蔵
 ヘヴィサイケデリックロックンロール!音もでかくて今日一番勢いあった。関西系のせいか青臭いMC含めてややサービス精神旺盛すぎるキライはあるけど、パフォーマンス自体は楽しい!この勢いは若手ならではってことなのかな。


LUI♢FRONTiC♦︎松隅JAPAN
 どうでもいいが、このバンド名はなんとかならんのか(笑)。んー、キライじゃないけど曲があまりに普通すぎというか特徴なさすぎる。ただ、アンコールにやった曲は情感あってよかった。やはりロックにはどこか情感あった方が好きだな。


 全体的に面白いイベントだった。ただ会場が異常に寒かったのと、音がしょぼかったのは相当残念。時間帯+年配のお客さん対策としての座席付き会場選択だとは思うけど、これでヘヴィロックといわれてもなあ感強すぎる。